スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人狼考察:霊媒師編
2007年05月14日 (月) | 編集 |
はいはい、やってきました
人狼考察のお時間です

本日のお題は:霊媒師

長くなりそうなので今日も折込にて?





さてさて霊媒師
これは昼に吊った人物が、人間だったか狼だったかがわかる役職です

占い師も役割のわりにはけっこー散々な目にあっていると書きましたが、霊媒師はさらに悲惨です(ぉ
占い師、霊媒師ともに二人以上のCOがあった場合、役割の都合上、占い師が優先して狩人に守られるので、さくっと食べられやすいとゆうのもあるんだけど、もっと悲惨なのは、狼が残り1になった場合、用済みになるということ・・・w
役職総吊りになったときに真っ先に吊られる役職です

立ち回り的には占い師と大して変わらないですね?
ただ、一つだけ違うことは、分かる結果はあくまでも「吊った人物の真偽」ということです。
たま?に占い師が村の総意を無視して別の人を占って、結果的にそれがいい方向に進むことはあるけど、霊媒師にはそれはない
吊った人物の真偽」しかわからない以上、最後の狼を見つけることは、霊媒師には出来ないのです

じゃあ霊媒師ってそんなに重要な役職じゃないじゃ?ん・・・という意見があるかもしれません
それはある意味正しく、ある意味正しくない

霊媒師はあくまでも占い師の補完をする役割です
要するに占い師が生きていてこその霊媒師なんですよね
占い師は霊媒師がいなくても機能することがあるけれど、霊媒師に関しては、占い師がいなくなったらその時点で存在する意味がなくなってしまう
逆に言うと、霊媒師がいることで、占いの信用度が上げれるってことです
占いが生き残り、かつ、自分も生き残るのが理想の形

それともう一つ
昼に吊る人間が出ないと、霊媒師の仕事はないというところ
これは見落とされがちだけど重要な事実
あたしもよく忘れちゃうんですけどね、このことは(;´▽`lllA``



何が言いたいかと言うと、霊媒師は初日COの必要性はないってこと
これに関しては賛否両論というか否定される意見のほうが多いみたいですけどね・・・w
もちろんケースバイケースで、初日に出る一つの選択肢だとは思っています
けれど狩人の守り対象の分散や、夜に食べられる可能性は大いに考えるべき
初日に出て欲しいという村の要望があったとしても、出ないという選択肢は常に考えていなければならないと思います
少なくとも、誰か一人を昼に吊るまでは霊媒師の仕事はないわけですから

では、出るタイミングはいつがいいのか?
これはゲームスタート時の人数や村の役職構成によって変わってきます
とゆーか、霊媒師をやる上で一番難しいところかもしれない
例としては2パターンあると思うので、それぞれに関してあたしの意見をば言ってみましょうか

ケース1
初日に出る


一番オーソドックスな形です
あたしがやっている人狼グループでも95%はこの形じゃないでしょうか
むしろあたしが参加しているときに、この形以外を見たことがないかも・・・?w

メリットは初日から出ることで、村に与える情報量が増えること
例えば10人の村で狼2の狂人1とした場合、、占い師に二人、霊媒師に二人出たとすると、単純計算で残りの6人の中に、狼側陣営が1いるという計算が出来ます
村人が偽者を言ってない限り、計算的にはすごく考えやすい状況にはなります
さっき、昼に吊る人物が出ない限り霊媒師に仕事はないと書いたけど、これは吊った人物がいなくても、村に情報を与えることのできる唯一の手段とも言えます

デメリットは何もせず食べられる可能性があること
基本的に初日の狩人の動きとしては占い師を守りに行くことが多いです
まぁ、これは初日だけに限った話でもないですが・・・w
なので襲撃され場合、狩人に守られていない可能性が非常に高い
あたしの狼視点だと、初日霊媒師CO=食べてください、って言っているように見えるんですよね(ぉ
初日に与える情報量は確かに多いけど、それ以降に関してという視点で見ると、非常に厳しいとあたしは思っています


ケース2
吊った人物が出たときに出るor黒を見つけたときに出る

言い換えれば、霊媒師としての仕事をしたときにCOするということ
初日COじゃないという時点で、色々と風当たりが厳しいんですけどね・・・w

一つだけ言っておくと、このやり方は人数が少ないときには向かないです
12人とか・・・少なくとも狼が3いるときではないと、あまり正当性がないという面があります
狼2のときは、たとえ食べられたとしても、素直にちゃっちゃと初日にCOしたほうが、たぶんいい結果になるんじゃないかな
なので、ここでは狼3のときってことで考えてください

で、まあ、狼3のときも色々反対されるわけだけど、この方法の反対意見として主な理由は下の二つ

食べられる
占い対象になる
吊り回避のCOがある


まず、食べられるに関して
しょーじき、初日?3日目くらいの序盤に限って言えば、COしたほうが食べられる可能性が高いと思います
例えば12人の村で狼3入るなら、だいたい共有者も入っているので、初日のCOパターンで考えると、共有者1占い師2霊媒師2となるのが多いパターン
ここで狩人が誰を守っているかを考えた場合、共有者か占い師のどちらかで8割以上を占めるんではないでしょうか
もちろん裏をかいて霊媒師を守るパターンもあると思うけど、リスクは結構高いと思います
霊媒師食べられるよりも、占い師が食べられたほうが痛いですからね(ノ_-)

逆にCOしていなかった場合は、共有者1占い師2霊媒師1
狼が役職以外を狙ったなら、残りの8人から
潜伏狼2を引いたとして、残りの6人から食べるということになります

細かい確立計算は色々な場合でやらないとダメなので省くけど、序盤で考えると、確率的にはCOしたほうが食べられる確立は高いと思う
まぁ、狼の考え方にもよるんですけどね、これは・・・w

他にも色々なパターンが考えられるけど、話始めると終わらなくなるので次へ

占い対象になる
別にあたしは、これはいいと思ってるんですけどね?・・・w
少なくとも、最悪でも狼ではないということが証明されるわけですから(ぉ
ただ、占われた次の日は吊った人物がいなくてもCOしたほうがいいと思います
確定白って非常に狙われやすいので(;´▽`lllA``・・・

吊り回避のCOがある
これが初日COしなかった場合の一番のデメリットかな
これを説得するのは、はっきり言って【計り知れません】
一番は吊り対象にならないこと
吊り対象になりそうな雰囲気があったら、ちゃっちゃとCOしちゃったほうがいいと思います



長々となりましたが・・・!
あたしが言いたかったことは「占い師が生きている間は不用意に死ぬようなことをしない」ってことです
占い師が死んだら、ま?、どうでもいいんですが?(わ
昼に吊られるのは別だけど、占い師が生きている間は、霊媒師もなるべく生きる努力をするべきだと思います
だから、初日にCOをするのはいいけど、何の気なしにするのではなく、リスクとリターンを計算してからということ
少なくとも、狩人に守られる可能性は低いということは意識しておかないといけません

霊媒師の防御力は黒並みに低いということを、必ず忘れないようにしておくことが重要じゃないかな?・・・ってことを、今回の結論にさせてもらおうと思います(゜∇゜*lll)w

それではみなさん、よき人狼ライフを?


次回予告は、狩人


PS
むむむ
最後時間なくて急いで書いたら、なんかしり切れとんぼ(ノ_-)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
個人的には霊媒は黒出るまではだまりんこの方が好きなんですけどねぇ、世間は認めてくれませn(ぉ
確かに狼2の村のとき1匹見つけたら後は無力なんですが、確定白をどこまで生かせることが出来るかってのが重要だと思うんですよね。でも素直にローラーで吊られるのも役割なんかなぁ・゚・(ノД`)・゚・
2007/05/15(Tue) 08:27 | URL  | ひろぴ #-[ 編集]
>ひろぴさん
狼2のときは、さっさと出たほうがいいとは、あたしも思うんですけどね~
3だとちょっと微妙
狼が3のときはアグレッシブに動けますから・・・w
2007/05/18(Fri) 07:20 | URL  | Mmiyu #Ol1eGJ4Y[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。