スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蝉の一生
2006年07月28日 (金) | 編集 |
梅雨明けしたとたん、カラッと晴れてとっても暑いです
もう汗だくです(;^。^A アセアセ・・
昨日くらいから、蝉がこれでもかってくら自己主張を始めていて、まさに夏真っ盛りって感じですね・・・!



蝉ってすごいと思いませんか?

5年も7年も地面の下にいて、やっとお天道様の下に出れたと思ったら、たった一週間の命
その一週間の間に、これでもかってくらい啼いて啼いて啼いて、子孫を残し、そして死んで行くんです
地面の下にいた時間の何十・・・いや、何百分の一かの時間しか地上にいられないのですよ

なんて儚く、なんて残酷な運命だと思いませんか?

人の寿命から見ると、瞬きするくらいの時間しかありません
けれど、脳の芯に直接ひびくようなあの鳴声を聞いていると、生の長短は関係ないような気がしますね
蝉は一生が短いからこそ、その一瞬に全てを傾けているように思えます
まさにこのために生まれてきた
自分の存在意義を、生きている証を、短い時間で鬼気迫るほどに表現しているわけです

寿命が長いと、もしかするとそれだけ中だるみの時間が長いのかもしれない
あとで振り返って後悔したとしても、まだやりなおせる時間はいっぱいあるわけですから
それだけ自分に甘くなってるときが多いのかもしれない

いあ、別に長生きしたくないって言ってるわけじゃないんですけどね・・・?w



宇宙から見れば、人の一生なんてのも一瞬の星でしかないです
蝉のように限りなく密度の濃い時間を

瞬き一つするさえ惜しむかのように
息をすることさえ惜しむかのように

そんな一生を、あたしは生きて行きたい


PS
なかなか難しいですね、思うように生きることって(ノ_-)タハハ
スポンサーサイト
テーマ:FINALFANTASY XI
ジャンル:オンラインゲーム
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/27(Thu) 23:55 |   |  #[ 編集]
蝉を[空蝉に術]だと思ってしまった俺は駄目かもわからんorz
2006/07/29(Sat) 08:40 | URL  | Silva #MMIYU.WA[ 編集]
>Silvaさん
もうだめかもしれませんね(ノ_-)
2006/07/30(Sun) 17:58 | URL  | Mmiyu #Ol1eGJ4Y[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。