スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本気バハムート様
2006年01月08日 (日) | 編集 |
本日はバハムートへ行ってきました
クエストのではなくて、帝龍の玉(だったかな?)というトリガーと、クエスト「日輪を担いて」のクリアーが必要なBCです

このBCは、どうやらバハムート様が、ティアマット、ヨルム、ヴりトラ、オウリュウとゆう4大真龍を召還してくるとか?
はっきり言って、おかしいです!w

怪獣大決戦になりそうな予感が満載だけど・・・
どんなことになるか、それではレポート、いってみましょう!

結論から言うと、言うまでもなく負けたんですけどね!?



今回、集まった構成は

ナナ忍白白赤赤赤赤黒黒黒黒黒吟吟モ侍
赤のサポの内訳が、暗召白黒
白のサポは召

作戦の基本的な流れは、麒麟のやり方を流用って感じですね?
バハムート本体をナでマラソンしつつ、バハが召還してくるティアマット、ヨルム、ヴりトラ、オウリュウをもう一人のナイトが盾をして連携+MBでちゃっちゃと沈める・・・と

んで、まあ、ここで各真龍について細部を詰めていったので、それを箇条書きにしてみると

モと侍で連携で、ティアマット&オウリュウは闇、ヴリトラ&ヨルムは光連携

ティアマットは通常攻撃が強いので、ナを即死させないように気をつける

ヨルムはパライガがあるので、盾>その他の順番にすばやくパラナ

オウリュウは、まあいつも通り?
エレとミミズをオウリュウが召還してくるので、それは詩人で寝かし管理

ヴリトラは・・・これがちょっと困ったちゃんなのですが
まず、とりあえず毒を飲むと(ぉ
んでもって、連続魔>スタンの間に、連携+MBと泉で押し切ってしまおうと
もちろん、召還してくる骨とかお化けは詩人で寝かしです

そして、最後にバハムート・・・なんだけど
これに対する対応が、ちょっと甘かったかな?
日輪のときよりは強いというつもりで考えてたんだけど、予想よりはるかに強かったです(ぉ
特定の技が強くなったとゆーよりも、全体的な強さが1ランク上がってました



さてさて・・・こっからは今回の戦闘の反省になるわけだけど

一番の敗因は、やっぱりバハムートへの対応かな
マラソンで範囲に後衛がいっぱい巻き込まれて、いざ真龍が召還されたときに、迎撃できる態勢どころの話じゃなかった・・・と
戦闘エリアの半分を使ってマラソンしていたんだけど、いちばん範囲をもらっていた後衛は、盾PTの後衛なんですよね?
しかたがないとは思ってるんだけど、でも、ここでMPがきつくなってるのもまた事実だし・・・どうしたもんだか

あとは黒かな?
マラソンコースを変更したときに、「範囲をもらわないようにしつつ、精霊で削る」とゆーことが、どのくらい可能かってところ
範囲をもらってもいいならどうとでもなるんだけど、「範囲をもらわない」という条件がつくと難しいんですよね・・・w

このBCを一回やってみて思ったことは
いかに、マラソンと削りと範囲攻撃への対応を、上手く組み合わせていくかってことですね?
二つまでの対応ならけっこー簡単なんですけど・・・w
三つになると、しょーじきつらいです
ちなみに麒麟の場合は、マラソンと削りさえやってればいいので、そんなに負担じゃあないのです

あと付け加えるなら、「いかに小人数で」
バハの対応でカツカツになっちゃうと、真龍を召還されたときに崩れてしまうので、省エネでがんばる方法も見つけないとダメかな(わ


・・・っと、書いてみるとそんなに長くならないんだけど、やってみるとひじょ?にアレにゃのです
やるべきことは見えてるつもりだし、一つ一つのことをやるなら出来るはずだと思います
けれど、それを組み合わせて行くと、とんでもないことを要求しているようなこともあって(たとえば黒や、盾PTの後衛)、根本的な見直しを考えたほうがいいのかな?・・・とか思ったりもします
まあ、まだ一回目なので、様子見な部分もありますけどね・・・?w

このBCをやっているみなさん、何かいい意見があったらお願いしまっす!!
スポンサーサイト
テーマ:FINALFANTASY XI
ジャンル:オンラインゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。